バドミントンのフェイントの練習は、普段の練習を応用することでフェイントの練習を行うことができます。ここでは、フェイントの練習の方法を3つ紹介します。


1.サーブのフェイント練習

バドミントンのフェイントの練習で、1番手軽に練習することができる練習がサーブのフェイント練習です。この練習は、サーブ練習を行っている時に練習することができます。

スポンサーリンク


練習方法は、フォアのロングサーブを打つと見せかけてショートサーブを打つ時は、ロングサーブと同じフォームで動き始め、シャトルを打つ瞬間に力を抜きシャトルを優しく打ちます。

バックのショートサーブを打つと見せかけてロングサーブを打つ時は、ショートサーブと同じフォームで動き始め、シャトルを打つ瞬間に今度は、力を入れてシャトルを強く打ちます。

この時、レシーバーがいると自分がしっかりとフェイントができているかの確認もすることができます。


2.ロブのフェイント練習

ロブのフェイント練習は、ネット前のノックを行っている時に練習することができます。

練習方法は、ロブを打つと見せかけてヘアピンを打つ時は、ネット前にきたシャトルをロブのフォームで打ちに行き、シャトルを打つ瞬間に力を抜きます。

この時、シャトルを当てる位置がロブと同じ位置になってしまうため、どうしてもヘアピンと比べるとシャトルを当てる位置が低くなってしまい、シャトルをネットにかけやすくなってしまいます。

その為、このノックを利用してフェイントの成功率を高めていくことが重要です。

また、ヘアピンを打つと見せかけてロブを打つ時は、ヘアピンのフォームでネット前に入り、シャトルを打つ時に手首を返しロブを打ちます。

このフェイントを使用する時は、相手がネット前に来ている時に使用し、高めよりも低くスピードのあるロブを打つと効果的です。

打つ時のポイントは、ネット前で手首を返すためネットにラケットがふれてしまわないように注意しながら打つことです。


3.クリアーのフェイント練習

クリアーのフェイント練習は、実際の試合で1番使うことのできるショットなので、重点的に練習します。この練習は、クリアーを使ったノック練習の時に練習することができます。

練習方法は、クリアーを打つと見せかけてドロップを打つ時は、クリアーと同じフォームで打ちに行き、シャトルを打つ瞬間にラケットを止めてシャトルに当てるだけにします。

こうすることで、綺麗にフェイントができるようになります。以上がバドミントンのフェイントの練習方法です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!