打つ高さと打つ場所を決定付ける物として打点があります。ここでは打点の重要性と練習方法について考えていきましょう。


1、打点の重要性って?

バドミントンにおいてシャトルを打つ上で重要な打点ですが、なぜ重要なのかというと打点の位置でシャトルの飛び具合が全く違ってくるからなんです。

クリア(自分の頭上から相手の頭上まで打つ)を打つ際に、打点が高ければ高いほど自分自身が動きやすくなり、スイングも大きくできるため高く、深いシャトルを飛ばすことができます。

スポンサーリンク


またその他の打ち方でも、なるべくコンパクトに自分の近い位置で打つことによって力強く、確実なショットを打つことができます。そのため自分の打点を見つけることはとても重要と言えます。


2.打点をつかむための練習メニュー!

打点をつかむための練習メニューとして、『落ちてきたシャトルを打つ』という練習がおすすめです。

この練習は、体育館の2階や高いところから(いずれも風のないところが良いです)ひとりがシャトルを落とします。下にはシャトルを打つ人がひとり立ちます。

シャトルの落とし方は下の人の向いている方向の少し前にシャトルを持った手(コルクを下にし羽をわしずかみするように)をまっすぐ準備し、手を離します。

ここで落ちてきたシャトルを下の人が打つだけという簡単な練習です。この時シャトルを打つ人は、いろいろな高さで打つことを試し、打ちやすい場所を探します。

この練習はひとり20球などと決めて、上の人と下の人が交互に行いましょう。シャトルを落とす人は特に声かけをせずに、下の人はしっかりとシャトルを見ておきましょう。

集中力が試されます。初心者の方は初めは声かけありから始め、ゆっくりと練習に慣れていくことをおすすめします。

バドミントンではクリアの練習の場合飛んだ高さと深さ、打ちやすさが揃った場所が自分の打点なんだと理解しましょう。

その他の打ち方は、なるべく自分の体の近くで打つようにし、コンパクトで打ちやすい場所を自分の打点と理解しましょう。

バドミントンでは自分の打点を見つけることは上達のコツです。

ラケットを振ったときにこれだ!と思う打ち方が自分自身で実感できるので、その打点でいつでも打つことができるように、体作りと体力をつけておきましょう。

どこでも良いからあてておこうというのでは上達しませんし、どこに飛んでいくかわからないと同時に打ちにくさがあります。

自分の感覚をつかみ、より良い球を打つことができるように『落ちてきたら打つ』シンプルな練習を練習メニューとして取り入れていきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!