バドミントンをやる上で基本的なルールを覚える必要があります。戦力を立てるためにも深く理解しておきましょう。


1.バドミントンの基本的なルールって?

まずバドミントンのシングルスとダブルスで使えるコートの幅が違い、コートの両サイドに2本ラインがあると思うのですが、内側の線はシングルス、外側の線はダブルスの線となっています。

スポンサーリンク


またサーブの場合は、後ろに2本の線があると思うのですが、内側はダブルス、外側はシングルスのサーブが入らなければならないデッドラインとなっています。

これはよくあることですしそれを狙って打つ選手もいるのですが、自分の打ったシャトルがネットを渡って相手のコートに入った場合にも自分の得点として加点されます。

判断しにくいコートのライン上に落ちた場合、審判の判断ですが外ぎみに落ちているか、中に近いかで判断されます。

バドミントンの基本的なルールは、21点の2ゲーム先取制で、デュース(20点の時点で両チームが並んだ場合、先に相手に2点差をつけたほうが勝ち)もあります。

ゲームの進行としてして、シャトルかコートを取るかはじゃんけんで決められます。基本的に審判は点数を数える時に英語で数を言うため数字を英語で言えるようにしておきましょう。


2.どんなことに気をつければいいの?

・真剣に試合をしているとよくあることで、ネットの上からシャトルを打つ時に大幅に相手のコート上に入って打った場合は得点とし入りません。

・サーブは必ずコート半分に分けたうち、自分の立っているコートと対角線側のコートにサーブしなければなりません。またサーブの際には、必ず両足を地面から離さずにサーブしなければなりません。

などがあります。

他にもサーブの際のラケットの向きや審判への抗議が認められないことなど、細かいところまであります。

しかし、少しサーブの時に足が浮いていたり、ネット上を超えていても厳しくジャッジしない審判もいますし、人によって多少まちまちかと思うので日頃かルールを理解した上での練習を心掛けましょう。

バドミントンは線をよく意識して戦わなければならないのですが、逆にあえて線上を狙って打つようにしたりと線を利用することで勝つことができるのも事実です。

戦略を立てる上で相手のどこを狙うと相手が取りにくく取り損ねるのか、どこに打つと反応できないのかということを考えためのは線上を狙うということは上手な攻め方といえるでしょう。

是非ルールを理解した上で試してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!