怪我をしないためにも正しいスイングは必要不可欠です。正しいスイングと練習方法についてみていきましょう。


1.正しいスイングって?

バドミントンのスイングはラケットを振ることを言います。どこに飛ばしたいかどのように打ちたいかによってスイングの仕方が全然違ってきます。

たまたま当たっただけというのを除いては、自分の思う場所にシャトルが行った時それが正しいスイングだと言えます。

スポンサーリンク



2.正しいスイングの練習メニュー!

ここではステップやフォームを練習できる『素振り』の『前後』『左右』の練習メニューがおすすめです。

まずはバドミントンの基本ステップの1、2、3、打つ、着地というのを身につけておく必要がありその上で素振りを行いましょう。

バドミントンコートを縦に半分にし前後の動きを行います。

前後は前(ネット側)に来たときはラケットの振り方として下から上にすくいあげるようにし、シャトルを遠くに飛ばすようなイメージを持ちます。

ステップは1、2、3(打つ)のリズムで、ここでの振り方は飛ばしたい場所を決めて振るようにします。

相手コートの真ん中に落としたいのであれば、スイングを大きくするのではなく手のスナップを利用して打ち返すというのを意識します。

また後ろ(コートのバックライン)に来た場合は、1、2、3、打つ、着地のリズムで、3の時にしっかりと腕を引き高く深くシャトルを飛ばすことをイメージしましょう。

このとき速くスイングをすれば遠くに速く飛ばすことができ、ゆっくりと振ると遠くに飛ばすことはできません。

同様に左右の練習メニューもあり、ステップは同じように1、2、3(打つ)のリズムです。

左右の際にホア側(利き手側)の場合は、下から上にすくいあげるように、バック側(利き手と逆側)の場合は、利き手側よりも大きく力強く踏み込み斜めに振り払うことを意識しましょう。

基本的なステップは1、2、3、打つ、着地ですが、打つ高さや打ち方によってステップが微妙に違ってきたりします。

バドミントンのスイングは、自分の飛ばしたい速さや距離によって違ってきます。

基本的に、速くスイングをすれば遠くに尖ったシャトルを飛ばすことができますし、優しくゆっくりとスイングさせると距離は飛びませんが、相手を揺さぶるようなシャトルを打つことができます。

またスイングする際に、手首や肘を柔らかく使う必要があります。

固いままだと遠くにシャトルを飛ばすことはできないし、打ちにくい、何より怪我をしやすい打ち方なので柔軟の使いましょう。

基本的なポイントを頭に入れて、自分で距離や感覚をつかむことで自分のものになり、ざまざまな場面でアレンジをきかせて戦うことができるようになります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!