バドミントンの上達、特にダブルスの上達を目指している方へ。今以上の高見を目指すために、足りないピースは何でしょうか。

フットワークでしょうか、ショットの技術でしょうか、戦術でしょうか。もしかして、ペアとのコミュニケーションがその1ピースということはないでしょうか。

今回は、バドミントンの上達に向けて必要なダブルスのコミュニケーションについてお伝えしたいと思います。


1. バドミントンは心のスポーツ

これは、私が小学生の頃、コーチに言われた言葉です。

スポンサーリンク


「バドミントンは心のスポーツである。」

大人になった今思い返してみても、本当にその通りだと思います。

同じ技術や体力を持っている人同士が戦ったら、勝つのは心が強い方だということが言えるでしょう。

これは、どんなスポーツにも共通して言えることかもしれませんね。

シングルスでは、自分一人の心と向き合い、勝つためのメンタル作りに取り組んでいけば言い訳ですが、ダブルスは2人で戦う競技です。

ですので、2人の心が同じベクトルを向いていないと、勝ち上がっていくことが難しくなります。

2人の心のベクトルを合わせていくのに必要なのは、コミュニケーションでしょう。

どのようにコミュニケーションを取っていけば、このベクトルを一つの方向に向けて行くことができるのでしょうか。


2.よく話し合う

当たり前のことを言ってしまいますが、やはりペアとよく話し合う必要があります。

相手の考え方や性格を知るには、会話をする必要があります。

一緒に勝っていきたいなら、試合や練習に関することはもちろん、普段から何気ない会話もある程度できるようになっているべきだと思います。


3.仲良しになる必要はない

ただ、会話のコミュニケーションはもちろん必要ですが、だからと言って仲良しになれという意味ではありません。

ここらへんを履き違えてしまう人も中にはいるようです。

ダブルスのパートナーは、あくまで共に勝ちを目指す一つのチームのパートナーなのです。

そこに仲が良いという要素はさほど必要ではありません。

それよりも、目的に向かってお互いの役割を自覚しあい、努力し合う態度が何よりも必要となってきます。


4.どのようなコミュニケーションを取ったらよいか

ですので、パートナーとコミュニケーションを取る時には、自分たちの目的から考え、また相手に勝つという目標に向けて必要なことを話し合うという考え方が大切です。

なので、自分はここが得意なのでここは任せて欲しい。

逆にここは苦手なので、そこは助けて欲しい。

このような会話を数多く重ねることのできるペアは、良いペアとして成長して行きやすいでしょう。

いかがだったでしょうか。

ペアと目的を達成するためのコミュニケーションを楽しみながら、バドミントンの、ダブルスの、上達を目指して頑張ってみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!