ダブルスのフットワークの動きは、シングルスに比べてコンビネーションが必要になってくる分、練習が必要になってきます。もちろんペアで練習し、同じように上達してくればとても強いペアになります。

今回は、バドミントンのダブルスで必要なフットワークをご紹介していきます。


1. ダブルスのフットワークの基本

バドミントンのシングルスの場合はほとんどのフットワークの動きが前後の動きでしたが、ダブルスの場合は左右のフットワークの動きを中心に動いていきます。またローテーションの動きがあるため、くるくる回るような動きもすることになります。

スポンサーリンク


ローテ−ションの基本として、どちらかがスマッシュやドロップなどを打った時は、ペアで前後に並ぶようにします。これは自分達から攻撃を仕掛けていくというスタンスになります。ここでコートを前後に半分に分けて担当するようにします。とても微妙な位置に飛んできた時は、後ろの人が走ってきてアタックをしても良いです。

またクリアをあげたり、スマッシュによるロブを返した時はペアで左右で並ぶようにします。これは相手からのスマッシュやドロップ、クリアなどの攻撃に備えて受け身のような状態にっているということを指しています。この時相手からの攻撃に備えるため、体を柔らかくして構えておきましょう。

ダブルスの基本的なフットワークの動きとしてはこのような形になります。
では次にダブルスのフットワークの練習メニューについてご紹介していきます。


2. ダブルスのフットワークの基本の練習メニュー

バドミントンのダブルスのフットワークの動きを上達させていくためには、ノックの練習メニューがオススメです。

まずノックの練習メニューですが、ノックをあげる人が1人とダブルスのペアでコートに入ります。
ノックをあげる人はロテーションができるようにコートの両サイドの真ん中部分を狙って打つようにしましょう。そうすることによって後ろの人がその球を打ち、前に来ることでローテーションが成立します。この練習を繰り返ししていくことで、ローテーションの感覚がつかめてくるので、だんだんスムーズに前衛と後衛のチェンジができるようになってきます。

そのあとに、トップアンドバックとサイドバイサイドの練習を、とにかく定位置で前と後、右と左を決めてノックを受けていきます。

すべての位置でノックを受けて慣れてきたら、試合のようにどんどん速くノックをあげる人が出してくれるシャトルを打つことで取得していくか、試合形式の練習によって自分達も打つ、受けるという練習メニューを経験し習得していくかのどちらか自分に合っている方で練習をしていきましょう。
試合形式の場合、練習ではこなかった場所にきたシャトルをどちらがとるか、どのように回るかなども変更点が出てくると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!