今回はバドミントンのダブルスにおけるロングサーブにについて、ご紹介していきます。

ロングサーブはロングサーブでも、打ち方や狙い方も違うため十分な練習が大切ですので、ぜひ練習メニューに取れいれていきましょう。


1. バドミントンのダブルスにおけるロングサーブとは?

バドミントンにおけるロングサーブは、ショートサーブと混ぜて打っていくために効果があります。
どういうことかというと、ずっとロングサーブを打っていては相手にロングサーブが取りやすい場所にスタンバイされてしまうため、交互や相手の位置を見てサーブを変えていくという方法が、試合において一番効果的です。

スポンサーリンク


しかしダブルスにおけるロングサーブはとても危険で、コートが狭い分打つ範囲が限られてしまいますし、中途半端な位置にサーブをあげてしまうと、すぐにスマッシュで返されてしまい、相手の得点となってしまいます。十分な練習と、注意が必要になってくる技です。

シングルスの時は、下から打ち上げるようにホアハンドでロングサーブをあげていましたが、ダブルスの場合はバックハンドでロングサーブを打つため、筋力が必要になってきます。


2. バドミントンのロンサーブの練習メニュー

バドミントンのロングサーブを上達させるための練習メニューとしては、まず一人でロングサーブの練習をし、どの打ち方でどこに行くのかということをしっかりと把握します。できるだけ線上ギリギリや深くたかさのあるサーブを打てるように練習していきましょう。

その後に、ダブルスの試合形式の練習によってサーブから試合を行っていきます。しかし、決着がつくまでラリーを続けていくのではなく、ラリーを4回ほど行い、打つ場所によって試合展開がどうなっていくのかをしっかりと見届けてから、次の1本に行くようにしましょう。

もちろんいつもペアを組んでいる人と、試合形式の練習でペアになると思います。一般的な試合ではショートサーブとロングサーブがあります。

ダブルスでは、一般的にショートサーブのみで試合を展開していく選手がほとんどです。うまい選手になってくると、ショートサーブとロングサーブを相手の位置関係などを見て、打ち分けていくという人もいます。
そこで、ロングサーブとショートサーブを打つため、仲間にどのサーブを打つかサインを決めてサーブを打つ時に、サインを出しているというチームも有ります。ここではペアとのサイン確認、動きの確認も含めて練習していくという必要があります。

狙うべきは相手の頭上を越える高くて深いサーブと、線上ギリギリ、または相手のバックハンド側の奥になります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!