バドミントンのフットワークでは重心がとても重要になってきます。重心をどこに置くかで、体の安定の仕方も変わってきます。

今回は、フットワークにおける重心移動のやり方をご紹介していきます。


1.フットワークの重心移動の基本とは?

バドミントンに限らず、どんなスポーツでも必要になってくるのが、フットワークや動きの中での重心の置き方です。

スポンサーリンク


基本的にどのスポーツも体の重心は腰の部分で、常に腰を低くして、重心を低めに構えておくことが大切です。それは低めに構えておくことによって、どんな動きにも足が1歩でますし、早く移動することができるからです。

また重心を移動する時つまり、自分自身が移動する時は、いち早く重心をいきたい方向に向けてから行動することが基本です。


2.重心移動のの練習メニュー

バドミントンの重心移動の仕方を鍛えるためには、筋トレ、ラケットを使ったフットワーク、またはシングルスを試合形式で行うという練習メニューがおすすめです。

まず筋トレですが、メニューはスクワット、または腹筋と足の筋肉を鍛えるものが良いです。

まず1人は立って、1人は仰向けに寝ます。このときに立っている人は寝ている人の顔を足で挟むようにして立ちます。寝ている人は立っている人の場所まで足を持ち上げて、足を様々な方向押し倒されたのを持ち上げます。スクワットは1日30回、もう一つのメニューを1日20回毎日継続的に行いましょう。

このようなメニューで足腰の筋肉を強化していきましょう。

次にラケットを使ったフットワークですが、素振りとしても練習することができるので、一石二鳥です。まず、前後の動き、左右の動きをラケットとともにフットワークをしていきます。

そのあとは2人組で、コート反面を使います。1人は指示を出す人、もう1人は指示通りに動く人となっています。ラケットで指示を出していきますが、指示を出された方はどこで素振りをするのかが全くわかりませんので、急な切り替えの練習になります。

特に重心はいきたい方向に早く向けるということが大切です。

もう一つの練習は、の2つの練習で鍛えてきた、重心移動の基本的な動作を生かして、誰かとシングルスの試合を行います。

本気で試合をやりますから、もちろん一定の動きでは対応することができません。その分この練習で得た動き、足りなかった次の課題は、次の練習で埋めていけば良い点です。

こういった活きたバドミントンで学んでいくことで、どんどん上達していきます。

ぜひ参考にして上達していきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!