バドミントンの試合でシャトルを正確に打つためには、一瞬でも早くシャトルの落下点に入らなければならないため、フットワークの強化、特に一歩目の動き出しは大切です。

ここではフットワークの上達ポイントと、簡単な練習方法について説明していきたいと思います。


1.膝を柔らかくつかって、リズムをとる

バドミントンのフットワークにおいて、速い動きだしを可能にするためには、まずはどんな状況であっても体の動きを止めないことが重要です。

スポンサーリンク


バドミントンを始めたばかりの人は、打ったシャトルに気をとられて、コートの真ん中に戻ってもただ立っているだけの人も多くいますが、それではいつまでたっても動きだしが速くなりません。

真ん中に戻って相手のショットを待っている時は、膝を柔らかく使って体を上下に揺らしながら、タイミングをとるようにしましょう。

上達のポイントは、シャトルを待っている時に、足の裏全体をベタッと床につかないこと。

重心はつま先から母指球のあたりにかけるようにして、踵は体の上下の動きに合わせて常に動かすようにすることが大事です。

言葉だけでイメージがつかない人は、身近にいるフットワークが速くて上手いなあと思う人の動きを見てください。

バドミントンが上手な人の動きを見てみると、真ん中にいてラケットを構えている時であっても、膝や踵でリズムをとり、体の動きを止めないようにしながらタイミングをとっているはずです。


2.リアクションステップを習得しよう

リアクションステップとは、相手がシャトルを打ったタイミングに合わせて、その場で小さくジャンプしてから移動するステップのことです。

ジャンプすることで一歩目の勢いをつけることと、一歩目のタイミングを上手につかむことができるようになります。

また、ジャンプの着地をするときに、動く方向と逆側の足で強く床を蹴るようにするとより早く動き出せるようになります。

自分の左側に動くときは右足で強く床を蹴るように、逆に右側に動くときは左だしで強く床を蹴るようにするといい、ということです。

リアクションステップを上手にするためにも、先ほどお話しした『常に動きを止めない』、『体を揺らしてリズムをとる』ことが大切になります。

バドミントンの試合でリアクションステップが上手にできると、相手のフェイントにひっかからないようになりますから、フットワークの動き出し強化には必須のステップでもあります。

膝を柔らかく使うことが苦手な人は、小さく跳んでタイミングを取るとことが難しい場合があります。

そのときは、無理に小さく跳ぼうとするのではなく、すこし高く跳んでタイミングをとるようにしてみるといいでしょう。

体が動きに慣れてくれば、自然とジャンプが小さくなりますから、相手の打つ瞬間に合わせて跳ぶことだけに集中すれば、絶対にできるようになります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!