フットワークの練習方法として様々な練習メニューがあります。今回は基本的なフットワークメニューと応用したフットワークメニューをご紹介します。


1.基本的なフットワークの練習メニュー

基本的なフットワークのメニューとしてダッシュ、バックラン、サイドステップ、ツーステップ、クロスステップ、ジャンプ、などがあります。

こちらのフットワークメニューはいずれも練習場や体育館の縦の長い長さを使って行うもので、体力向上が見込まれます。

スポンサーリンク


この時軽い動きにするためにかかとはなるべく地面につけず、ジャンプするように動き軽い動きを心掛けます。

中でも後ろのフットワークに効果的なのがバックランです。後ろの動きが動けるか動けないかによって試合の勝敗が決まってきますので、後ろの動きの練習は念入りに何回も行いましょう。

またバドミントンのコートを使って行うフットワークメニューとして、コートの横幅を使用し両サイドのラインにシャトルを置き(シャトルはひとり2つずつ用意します)、バドミントンの基本姿勢として利き手側の足を大きく前に開き、低姿勢でシャトルを拾うというのを往復30回ほど行うというものがあります。

かなり足が痛くなってきますが、基本姿勢が身につくと共に筋力がつきます。これは 15回ほどから始め、だんだんに回数を増やしていくという方法で無理なく体に慣らしていくと良いです。

右側で拾ったシャトルは左側に置いて、左側で拾ったシャトルは右側に置いてという流れで行います。

この動きによってバドミントンに必要な体力はもちろん、切り替えの速さが身についてきます。


2.応用した練習メニューがあります

2人いればどこでもできる練習メニューとして、1人が司令塔になります。2人場合も大勢の場合も全員が司令塔の方を向き、司令塔以外のその他の人は小刻みにジャンプをします。

司令塔はラケットで上、下、右、左を指します。そこでその他の人は、上なら大きくジョンプ、下ならしゃがみこみ、腕立ての姿勢からまたしゃがみこむという動きをリズムよく行う、右なら体ごと小刻みのジャンプのまま右を向く、左なら右の逆を行います。

この動きはすぐに司令塔の方を向くように意識し、常に小刻みのジャンプを忘れないようにします。そのことによって軽く動き、シャトルにすぐに反応する練習になります。

バドミントンの練習メニューとして一般的なものをあげましたが、工夫次第で自分に合った練習メニューを作ることも可能です伸ばしたい能力に応じて練習メニューを使い分けていきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!