シャトル投げの練習は、ハイクリア・スマッシュ・ドロップなど、バドミントンのオーバーヘッドストロークのスイングを固めるために行います。

ここでは、正しいフォームを身に着け、上達していくために大事なポイントを説明していきます。


1. バドミントンのシャトル投げの練習法

バドミントンのシャトル投げのフォームは、野球やソフトボールのキャッチボールとほぼ同じ形になります。

ラケットを握る方の手にシャトルを持ちます。

手をまっすぐに伸ばした時に、シャトルのコックが下を向くような向きで持ってください。

スポンサーリンク


2.体を横向きにして、足を肩幅より少し広げた上体で立ちます。

このとき、シャトルを持っている手と同じ方の足(右手に持っているなら右足)が後ろにくるようにします。

3.腰、肩、ひじ、手首の流れで体を回して前を向きながら、斜め上に向かってシャトルを投げます。

シャトルを離す位置は、体の真横より少し前くらいを意識してください。

また、腕は耳の横を通るように意識すると、ラケットを持った時にいいスイングが身に付きます。

シャトル投げの正しいフォームをイメージがすることが難しい場合は、野球選手のキャッチボールを見るとわかりやすいと思います。


2.上手にシャトルを投げるポイント

上手にシャトルを投げるためのポイントは3つあります。

(このポイントはオーバーヘッドストロークの素振りでも大事なポイントなので、シャトル投げの練習でしっかりマスターしてほしいと思います)

1つ目は、シャトルを投げるときにひじを下げないことです。

ひじが下がったフォームでシャトルを投げると、手から先の力だけで投げるようなフォームになるため、ひじに多く負荷がかかり、最悪ひじを痛めてしまいます。

ひじが下がっている場合は、二の腕が耳の横を通るようにして腕を振ると、ひじが下がりすぎることはなくなりますし、縦の正しい振りが身に着けることができますよ。

2つ目は、後ろの足から前の足に体重移動をしっかり行って投げること。

どうしても後ろ足に体重が残ってしまう人は、投げた後に一拍遅れても良いので、前足一本で立つようにすると、徐々にスムーズな体重移動ができるようになるのでやってみてください。

3つ目は、肩や腕に力を入れすぎず、腕をしならせるようにして投げることです。

肩や腕にガチガチに力を入れていると、腕の振りが遅くなるためシャトルが遠くに飛びません。

(実際にラケットでシャトルを打つときも同じことがいえます)

腕を振るときに力を入れる筋肉は腹筋や広背筋であり、肩から先はシャトルを投げる瞬間にだけ力を籠めるくらいの気持ちで投げると、腕を鞭のようにしならせて投げることができます。

以上のポイントに気を付けてシャトル投げの練習を続けると、正しいオーバーヘッドストロークのスイングが身に付きます。

バドミントンスキルの上達のために、ぜひシャトル投げ練習を取り入れてみてくださいね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!