バドミントンは、瞬発力が多く必要とされるスポーツです。バドミントン上達を目指すなら、瞬発力の向上を図る練習をすべきです。そこで、今回は瞬発力を鍛えるダッシュの練習方法をいくつか紹介したいと思います。


1.スタートの意識

ダッシュをするときには、スタートを意識することが大切です。

どんなダッシュをする場合にも、スタートの合図にしたがってスタートダッシュを切れるように意識して取り組むと効果が高いです。

では、基本的なダッシュを順に紹介したいと思います。

2.基本的なダッシュ

・基本ダッシュ

スポンサーリンク


スタートの合図に合わせてスタートを切り、向こう側の壁まで走ります。

壁にタッチしたら、そのままバックでスタートまで戻ってきます。

・ゴーアンドバック

スタートの合図に合わせてスタートを切り、向こう側の壁目掛けて走り出します。

笛が鳴った瞬間、バックし、また笛が鳴ったら前に進みます。

これを繰り返し、壁にタッチをします。

壁にタッチ下後も、同じルールでスタートラインまで戻ってきます。

瞬発力と反射神経が鍛えられるダッシュです。

・バックダッシュ

名前の通り、後ろ向きでダッシュする練習です。

バックの向きにダッシュできることは、バドミントンに必要な身のこなしです。

スタートの合図に合わせてスタートを切り、バックで向こう側の壁まで走ります。

壁にタッチしたら、またバックでスタートラインまで戻ってきます。

・もも上げダッシュ

スタートの合図に合わせてもも上げを10回行い、10回終わった瞬間に壁目掛けてダッシュします。

このダッシュは、壁にタッチして終了します。

・抱え込みジャンプダッシュ

スタートの合図に両足の抱え込みジャンプを10回行い、10回終わった瞬間に壁目掛けてダッシュします。

このダッシュは、壁にタッチして終了します。

・長座ダッシュ

前向きの長座でスタートラインに並びます。

スタートの合図で立ち上がり、壁目掛けてダッシュします。

このダッシュは、壁にタッチして終了します。

前向きの長座が終わったら、後ろ向きでも行います。

・伏せダッシュ

前を向いて床に伏せた状態でスタートラインに並びます。

スタートの合図で立ち上がり、壁目掛けてダッシュします。

このダッシュは、壁にタッチして終了します。

前向きが終わったら、後ろ向きでも取り組みます。

・タッピングダッシュ

「よーい、スタート!」の合図でタッピングを行います。

その後、笛が鳴った瞬間に壁目掛けてダッシュをします。

このダッシュは、壁にタッチして終了します。


3.バドミントン上達に欠かせないダッシュを使った練習法

以上、基本的なダッシュの練習メニューをいくつか紹介してみました。

いかがだったでしょうか。

バドミントンのダッシュのメニューは乳酸が溜まりやすく、疲れるメニューです。

しかし、シャトルへの反応をよくする瞬発力系の筋肉を鍛えるため、必要な練習です。

仲間と楽しみながら、挑戦してもらいたいと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!