バドミントンの練習で「半身(はんみ)になって」というフレーズを多々聞く機会があると思います。

それでは半身になる、とは具体的にどういうことなのでしょうか。

ここではバドミントンにおける半身になる重要性とその練習方法を紹介していきます。






1.壁を使った素振り

壁のすぐ正面に立ち、そこでオーバーハンドストロークの素振りをします。

壁が正面にあることで、その体勢から開きながら横に向かってオーバーハンドストロークの素振りをしないと当然壁を叩く結果になってしまいます。

スポンサーリンク


このスイングしている状態こそがまさに半身の状態であり、バドミントンのスイングの基本の体勢となります。

このスイングが身に付くまで、壁を正面にした素振りを続けることを強くお勧めします。

2.ノックを使った練習

半身でスイングができるようになったものの、いざシャトルを打つ段階になると半身ができなくなる人も多いのも事実です。

シャトルを打つ時にもしっかり半身になる練習方法として有効なのがやはりノックです。

ネット前に立ち、利き足と反対の足だけをネットの下に残します。

肩幅でスタンスを取り、後ろ足を前足と平行に置きます。

ノッカーにネット前にシャトルをどんどん上げてもらいそれをひたすら打ちます。

大事なのはシャトルが上がってる打つまでの間、利き腕とは反対の腕を上げることと、それと同時に後ろ側の利き足に体重移動をすることです。

そして腰を回しながらラケットをスイングさせ、同時に上にあげていた利き腕でない手を胸元に畳みます。

その際、後ろ足から前足に体重移動をし直すことが重要になります。

ピッチャーがボールを投げる原理と同じと考えてもいいでしょう。

3.サイドステップ、クロスステップを取りれる

バドミントンで重要なのは、上に上がってきたシャトルに対し半身になることです。

これが上達しないとシャトルを強く正確に打てず上達が見込めません。

半身を癖付けることができる練習としてサイドステップやクロスステップがあります。

当然これらのステップは半身にならないとできないステップと言えるからです。

これを重点的に取り入れることで半身になる意識が高められ、半身になる上達を手助けしてくれるのは間違いないでしょう。

一人でできる練習なので空き時間を利用して行うのもよろしいでしょう。

重要なのは、首を進む方向と反対方向に向けて固定してステップを踏むことです。

それによって自然と半身になって後ろに下がるフットワークの練習になりますので、半身になって足を運ぶコツを掴むのに非常に有効な練習だと言えます。

半身の体勢が上達しないとバドミントンの上達も見込めないので、時間を掛けてでもそれを身に付けるよう粘り強く練習に取り組みたいものです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!