バドミントンというスポーツは筋持久力が必要だと言われています。

基礎体力の他に筋持久力も求められるこの過酷なバドミントンというスポーツ。バドミントンの上達を目指す人にとって、体力作りは避けては通れない位置付けとなっています。

走り込みの重要性は言うまでもないので、ここではそれ以外にの体力を作る練習方法をいくつか紹介しておきます。

1.シャトル置き

全面コートを使って、シャトルを一つ一つコートの隅に走りながら置いていきます。

スポンサーリンク


置いていくポイントは全部で6か所。

右前、左前、右横、左横、右奥、左奥です。

シャトルをホームポジションに6つ用意し、そこからそれぞれその位置へ走りながらシャトルを置いていきます。

全部置き終わったら今度は回収に走り、それをホームポジションに全部戻して1ターン終了となります。

それが終わったら今度は走るのではなく、フットワーク、ステップを踏みながらもう1セットこなすと尚ベターでしょう。

2.指示出しフットワーク

バドミントンの動きの基本となるフットワーク。

フットワークの練習でも体力を付けるのに適している練習があります。

指示出しフットワークとは、ネット際に立った人に指示を出してもらい、バドミントンらしい動きを身に付けるという練習です。動く方法をランダムに指差してもらい、決められた回数動くことによって激しい動きとなり体力を要します。

毎回20箇所×3セットをこなせば、だいぶ体力は付くでしょう。

3.フリーノック

前後左右に振り回されるフリーノックは体力をつける意味で非常に効果的な練習方法と言えるでしょう。

ノッカーはシャトルを前後左右に散らして打ち分け、それをひたすら拾うという単純な練習です。しかしこの練習は、体力が付くのみならず、ショットやフットワークの上達が見込め、バドミントンの上達を目指す上で一石三鳥にもなるので積極的に取り入れて欲しい練習方法です。

決められた回数打つ、というよりかは、決められた回数をいかに打ち返せるかをカウントした方が体力がつくのはいうまでもありません。

是非後者で練習してみてください。






4.まとめ

バドミントンが上達してきて、試合をこなすようになってくると体力作りの必要性も感じてくると思います。

バドミントンの技術はさることながら、基礎体力やスタミナや精神力もなければ試合に勝てないと痛感してくるからです。

楽しいだけのバドミントンであればそこまで目の色を変えて体力作りをしないでもいいのかもしれませんが、上達してきて試合で勝ちたいと感じるようになったのであれば、体力作りにも積極的に着手したいものです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!