バドミントンの中でも地味できついシャトルキャッチという練習ですが、体の使い方を確認するためには大切な練習です。

ここではシャトルキャッチのやりかたと、上達のコツについて説明していきます。


1.バドミントンのシャトルキャッチの練習とは/h3>
バドミントンのシャトルキャッチ練習とは、コートに2人で入り、1人が投げたシャトルをもう一人がラケットを持つ方の手でつかむ練習方法のことをいいます。

スポンサーリンク


シャトルキャッチは自分で打ったコースや相手の返球を考えなくていいぶんフォーム・打点の確認・フットワークの足運びをじっくりと確認し修正できることが特徴です。

また、手を伸ばしてシャトルを掴まなければいけないことから、普段より多く動く必要があるため、下半身を強化する目的で行うこともあります。


2. シャトルキャッチの練習メニューについて

シャトルキャッチは、(どうしても狭いスペースしか取れない場合を除き)基本的にはコート全面を使って練習をした方が、バドミントンの試合と同じような感覚で行えるためおすすめです。

シャトルキャッチを初めてやる人、不得意な人は30秒を1セットとして、交代しながら何度もやるほうが長い時間やるより効果的です。

いきなり長い時間の練習を行うと、不慣れなうちは集中力が切れてしまい、体の動きや足運びに意識がゆかなくなり、正しい位置でシャトルを掴めなくなるため練習効果が薄れてしまうからです。

シャトルキャッチに慣れてきたら秒数を増やしたり、シャトルを投げるスピードを速めたりするなど、段階的にレベルを上げて練習しましょう。

また、シャトルを投げる人は意地悪く、シャトルを取る人の手がとどくかとどかないギリギリの場所にシャトルを投げましょう。

そして、シャトルをする人の動きや取り方を見て、改善した方が良いところを見つけた場合はどんどんアドバイスしてください。

シャトルを取る人は素直にそのアドバイスを聞いて、改善しながら練習をつづけましょう。

自分自身では分からない弱点を直しながら練習することで、実際にシャトルを打つ技術も上達していきます。


3. シャトルキャッチで意識するポイント

バドミントンの試合ではシャトルを打ったあとは、相手の返球に備えて真ん中に戻ることが基本ですよね。

シャトルキャッチも同様です。

シャトルを取ったあとは、どんなにきつくても必ず元の位置(コートの真ん中)に戻りましょう。

また、シャトルキャッチを行っているときは、膝を曲げて腰を落とした姿勢をキープしましょう。

膝を曲げて腰を落とした姿勢だと、膝が伸びたままの姿勢より歩幅が大きくなるため、遠くのシャトルに手が届くようになります。

これはラケットを持っている時も同じです。

きつくても辛抱してこの姿勢を維持したまま動くことが、シャトルキャッチ練習、ひいてはフットワーク上達のカギにもなるのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!