バドミントンを高いレベルまで上達したい、と考える人はどんな状況下でも練習をしようという熱心な人が多いように思います。

時にはラケットが手元になかったり、シャトルがなかったり、入るコートがなかったりすることもあることでしょう。

今日は、ラケットなしでも出来る練習方法を紹介してみようと思います。






1.シャトル置きトレーニング

コート全面を使ったシャトル置きトレーニングもあれば、2か所集中型のシャトル置きトレーニングもあります。

スポンサーリンク


ここではより狭い可動範囲でできる後者のトレーニングを紹介します。

ホームポジションにシャトルを5つほど集め、それをネット前のフォアとバックの交互に置いていきます。

置く際はシャトルコックを上に向けて立てるように置きます。

丁寧に置かなくてはシャトルは立ちませんので、自ずと可動範囲は広がり、足を開いて置きに行かざるを得なくなり、体にかかる負荷は相当なものになります。

足腰の強化、スタミナの強化、フットワークの上達にもつながる非常に良い練習方法なので取り入れましょう。






2.椅子を使ったロブの練習

ロブのフォームを固めるのにラケットなしでの効果的な練習方法があります。

利き足でない方の足を椅子に乗せ、前へ利き足を踏み出して前傾姿勢をとり、そこにシャトルを繰り返し投げてもらいます。

一定数投げてもらったシャトルをひたすら片手でキャッチしていく練習方法です。

これは、フォア前、バック前でのロブを上げる体勢を体に覚えさせ、安定したフォームを身に付けさせる練習です。

ネット前のアンダーハンドストロークが上達するラケットなしの練習として非常に効果的であると言えます。

この練習は普通にノックの一環として取り入れても良いでしょう。

3.その他のラケットなしの練習

ラダーと呼ばれるはしごのようなものを地面に置き、そこを素早くいろいろな種類のステップを踏むことで、敏捷性を高める練習方法もあれば、壁に自転車のチューブをくくりつけ、それを持って腕を倒すような動きで筋力を鍛える練習方法などもあります。

さらに、チャイナステップやサーキットトレーニングなどで敏捷性とスタミナ強化を図るのもラケットなしの練習では効果的と言えます。

4.まとめ

このように工夫次第でいろいろな練習ができることがわかります。

ラケットなしでもバドミントンの上達に必要なスタミナや動きを身に付けることが十分できることがこれでおわかりになったことでしょう。

上級者ほどラケットなしの練習もよく取り組んでいると言えるので、初心者でも中級者でもたとえ目の前にラケットがなかったとしても、バドミントンの上達を目指すのであれば、積極的に取り組みたいものです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!