バドミントンにおける初めの1打はサーブになります。そのサーブのコースによって試合展開が大きく左右されます。

そこまで大切なバドミントンのサーブにおけるコースをどのように練習していくのか練習メニューご紹介していきます。

バドミントンのサーブでどこを狙えば良いのか。

基本的に、相手が苦手な場所を狙うということが効果的です。サーブから試合は始まっていきますから、初めから勝負を仕掛けていくということはとても大切なことです。

スポンサーリンク


相手の動きを見極めて打つ場所を選択しましょう。


1. シングルスのサーブにおけるコース

先ほど言った通り、相手の苦手な部分を狙うということが大切なのですが、自分に置き換えてみたときにわかると思います。

ラケットを持っていない側のコース、相手の後ろを大きく超える打球などがシングルスにおける打つべきコースかと思います。バドミントンのシングルスではダブルスに比べてあまり早く試合が決まりません。

練習メニューとしてはとにかく大きく深く高くシャトルをあげるということを意識して打つようにしましょう。シングルスでは自分のラケット側とは逆の手に大きなシャトルが来てしまった場合、状態を横に倒してホアハンドで打ちます。そのコースはどの人でも筋肉、反射神経、力を必要としているため、打ちにくい物です。

狙うべき場所にコーンを置き、相手の苦手なコースを狙う練習メニューをしていきましょう。


2. ダブルスのサーブにおけるコース

ダブルスではシングルスに比べて試合の流れが早いため、サーブの1打がとても重要になってきます。

狙うべきコースはもちろん相手が苦手なバックハンド側、インかアウトか判断に困るギリギリのコース、そして高さはネットのすれすれの高さにしましょう。いずれも相手が打ちにくい、最適なコースです。

練習メニューとしてはシングルスのサーブ同様に、相手の苦手な場所にコーンを置き狙うというものです。簡単に聞こえますが、コーンに正確に当てるのには数をこなす練習が必要になってきます。
今回はバドミントンのサーブで狙うべきコースはどこなのかということで、ご紹介していきました。
バドミントンのシングルスとダブルスに焦点を当てると、それぞれの狙うべきコースが違うということがわかってきたと思います。意識的に狙うようにしていくと、自ずと自分の物になり相手を仲間の位置関係を見て1打を選ぶことができるようになります。

何度も繰り返し練習していきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!