バドミントンのドロップは、人それぞれの打ち方、速さ、角度などがあり、自分には打ち方が合っているのかを理解し、いつでも試合で生かすことのできるドロップを身につける必要があります。

今回はその練習メニューや打ち方を含めてご紹介していきます。

スポンサーリンク



1.ドロップの基本的な打ち方と狙うべきポイント

ドロップはスマッシュと違ってスピードがありませんが、スマッシュと組み合わせて使うことで、より試合では使うことができます。基本的な打ち方はスマッシュと同じような感じですが、力加減が違います。狙うべきは相手のネットの内側ギリギリを狙います。相手のコートに入れば良いのですが、


2.ドロップの練習メニュー

バドミントンのドロップの打ち方の練習には、基礎打ちの練習メニューが最適です。

基礎打ちはみなさんバドミントンをやっている方が、ラケットとシャトルを握って一番初めに
する練習だと思います。

コートの半面を使います。
一人がシャトルをあげて、一人がドロップを打つというのを交互に順番に行います。
この時シャトルをあげる人は、スマッシュと同じような位置にシャトルをあげるようにして、ドロップを打つ人は、スマッシュを打つように見せかけてドロップを打つといった、相手にわからないような打ち方を習得していきましょう。時間は30秒程度を目安に設定し、交代しましょう。

他にもノックの練習がありますが、基礎打ちとの違いは動きながら打つ、球数を決めて打つというくらいなので、試合形式での練習をおすすめします。

試合形式にして、スマッシュはなしという条件付きの試合にすると、攻撃の方法としてはドロップ、ヘアピン、ドライブ、クリアなどにしぼられてきますので、どうしてもドロップで決めに行く回数が増えます。

スマッシュと違って、ゆっくりのドロップですから、相手にも拾う時間に余裕があり、なかなか決まりません。なのでどこを狙って打てば良いのかということを考えてプレーすることができますし、良く相手の動きや位置関係を見る練習になります。

またこの練習をすることによって、無理にスマッシュのみに頼って決めに行くというプレーがなくなり、う上手く実際の試合に生かすことができます。

今回はバドミントンのドロップの打ち方や、ドロップの練習メニューをご紹介していきました。

ドロップをその時によって使いこなすことができる選手はとても強い選手です。そのようになれるように練習メニューをこなしていきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



バドミントンがもっと上手くなりたい人へ
バドミントン驚くほど上達する練習教材
負けてばかりじゃなく勝てる様になりたい!
空振りをなくしスマッシュの精度を高めたい!
サーブで主導権を握れるようになりたい!
そんなアナタにおすすめなのが、「バドミントンが驚くほど上達する練習教材」です。

バドミントンが驚くほど上達する練習教材は、元トッププレイヤーやプロにも教える指導者などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバドミントンが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバドミントンが上達する練習教材を紹介します。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さん向け!

バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニアバドミントンクラブ監督 奈良岡浩 指導】DVD2枚組

アタナのお子さんや生徒が全国レベル選手に!
浪速ジュニアバドミントンクラブ監督がトップレベルジュニアの育成法をついに公開!

このプログラムは普通の子供を全国レベルのバドミントン選手に引き上げることができる独自の練習法です!

これを知ればアナタのお子さんや生徒は試合に勝てるようになり、全国レベルの選手になります!

今よりもっと上手くなりたいバトミントンプレイヤー向け!

バドミントン上達革命
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

これでアナタも一流のバドミントンプレーヤー!
全国屈指の強豪校「埼玉栄」の練習法がついに公開!

このプログラムは全国屈指のバドミントン強豪校「埼玉栄」のコーチが監修した、ハイレベルなバドミントン選手になるための近道です!

ラリーで競り負けてしまう、一流選手との差が分からないといった悩みを解消することができます!